京都の太陽光発電は京セラソーラーFC京都西

京都の太陽光発電は一級建築士在籍のFC京都西へ

京都の太陽光発電はFC京都西へお任せください!

安心の施工実績

京セラソーラーFC京都西は、2級建築施工管理技士が在籍するお店です。
創業50年、これまでの建築業の実績と地域のみなさまとのつながりを大切に、
これからもたくさんのお客様に安心した幸せな生活を送っていただけるよう、
技術と誠意で責任を持って取り組ませていただきます。
京都だけではなく、近畿一円(京都・滋賀・奈良・大阪・兵庫・和歌山)のお客様も
是非お問合せ・ご相談くださいませ!

7月21日と8月2日 土旺用事

2020/07/21

土用といえば「土用の丑の日!」「うなぎ!」。
厳しい暑さを乗り切るために体にいいものを食べる「食い養生」。
でも、土用の行事食はうなぎだけではないようで・・・。

うなぎに限らず「う」のつく食べ物を食べる習慣も。
暑さや季節の変わり目で体調が整わない時期こそ、
胃に優しい「うどん」や「瓜」、「梅干し」、
精がつく「牛」や「馬」などが選ばれているそうです。

うなぎ:栄養豊富で精がつく
梅干し:クエン酸が疲れをとり、食欲を増進
うどん:さっぱりとして食べやすい
:胡瓜、西瓜、南瓜、冬瓜、苦瓜など瓜類は、夏の身体を整えるのに適している
土用餅:あんころ餅のこと。暑さに負けず無病息災で過ごせるといわれている
土用しじみ:「土用しじみは腹薬」といわれ、肝臓の働きを助けてくれる
土用卵:土用に産み落とされた卵のこと。うなぎ同様、精がつくとされる

春の土用の丑の日
春の「土用の丑の日」は、立夏前の土用の丑の日のこと。
春の土用では、「戌の日」に「い」のつく食べ物や白い食材を食べるならわし。
いわし、イチゴ、インゲン豆、芋、イカなどが食べられていました。

夏の土用の丑の日
夏の「土用の丑の日」は、立秋前の18日間のうち丑の日を指します。
夏の土用の丑の日は「う」のつく食べ物が食べられ、
ご存知のとおり特にうなぎを食べることで知られています。

秋の土用の丑の日
立冬の直前にあるのが、秋の「土用の丑の日」。
秋の土用では、「辰の日」に「た」のつく食べ物または青魚を食べると良いと言われ、
大根や玉ねぎなどが好まれてきました。

冬の土用の丑の日
冬の「土用の丑の日」は、立春前の土用の丑の日のこと。
冬の土用では、「未の日」に「ひ」のつく食べ物または赤い食べ物を食べます。
たとえば、ひじきやヒラメ、りんごなどがあります。

「うなぎ」と「梅干」は食べ合わせが悪いと聞きますが
「うなぎ」と「たまご」・・・「うまき」
「うなぎ」と「きゅうり」・・・「うざく」は良さそうですね。

今日はどんな「う」を食べますか?